西新井大師

03-3890-2345

〒123-0841 東京都足立区西新井1丁目15-1

足立区のシンボル的存在「西新井大師」

足立区のシンボル的存在「西新井大師」

創建以来千年を経た関東では最古の真言宗豊山派寺院

西新井大師は五智山遍照院總持寺(ごちさん へんじょういん そうじじ)といい、真言宗豊山派の寺院です。天長の昔、当初に立ち寄り悪疫流行に悩む村人たちを救おうと自ら十一面観音像とご自身の像を彫り、観音像を本尊にそしてご自身の像を枯れ井戸に安置して21日間の護摩祈願を行うと、清らかな水が湧き、病はたちどころに平癒したと伝えられます。その井戸がお堂の西側にあったことから「西新井」の地名ができたと伝えられております。

また西新井大師は厄除け祈願所としても有名、現在は東京だけでなく埼玉や千葉からの参拝者が多く訪れていますし、子供の初参り、七五三等の毎日の護摩祈願も行っている。境内は広く、春は梅や桜。夏には紫陽花、睡蓮といった四季折々の花々も咲き風情ある神社となっています。

メニュー紹介

西新井大師

TEL
03-3890-2345
住所
〒123-0841 東京都足立区西新井1丁目15-1
営業時間
受付・電話対応時間9:00〜16:30
定休日
URL
http://www.nishiaraidaishi.or.jp/